au mineo MNP

格安SIM・格安スマホって何?MNPってどういうことだろう?

MVNOイメージ

mineo(マイネオ)等の格安SIMに興味はあるがイマイチ何の事だか分らない?という方は多いですよね。

 

MNP・MVNO・MNO・ANPなどの横文字が乱立して頭が痛くなるのもその原因の一つだと思いますが、このページでは格安SIMについて出来るだけ簡単にまとめてみました。

 

まず初めに、mineo等の格安SIMサービスを提供している会社は、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれます。
これらのMVNO「格安で通信出来るSIMを発行する事業者」の事を便宜上格安SIMと呼んでいます。

 

このMVNOは通信のインフラ(電波を受信する基地局等)を自社で持たずに、au・Docomo等の大手キャリアから通信回線を借り受けてサービスを提供しています。大手キャリアのインフラを使うので、通信範囲は大手キャリアと変わりませんが、自社でインフラを持たないためにその分安くサービスを提供しています。

MNPとは?

MNPとは「モバイル・ナンバー・ポータビリティー」の略称で、直訳すると電話番号を持ち運ぶという意味になります。

 

以前はau→Docomo・Docomo→softbankなどキャリアを変更する場合、自身で使用していた電話番号が変わってしまうため、これがネックでキャリアを変更する事が中々出来ませんでした。しかしMNPサービスが開始された結果、キャリアを変更しても電話番号は変更しないでケータイを使い続ける事が出来るようになりました。

 

現在ではこのMNPを利用する事で、格安SIMに乗り換えても電話番号を変更する必要はなくなりましたので、電話番号が変わってしまう事を心配している方は安心ですね。

格安SIMはなぜこんなに安いの?

格安SIMが安いのは自社で通信インフラを持たない事以外にも理由があります。

 

代表的なのは大手キャリアに比べて実店舗が極端に少ない事です。
店舗運営にかかる経費を削減して価格に転化しています。現状ではmineoでも即日MNP切り替えなどを行える実店舗は大阪のグランフロントにあるアンテナショップ1店舗しかありません。
その為、どこにでも店舗があり実店舗ですぐにトラブルに対応してくれる大手キャリアと比べ、格安SIMは不意のトラブル時にきめ細かい対応は期待出来ません。

 

格安SIMを使う際に、この点を不安に感じる方多いのも事実です。
実際にはスマホが壊れたり繋がらなくなるといった機会は少ないですが、格安SIMを使用する際は、もしもの時に店舗での直接のサポートは受けづらいものだと割り切る必要があります。

au系格安SIM・Docomo系格安SIMって何が違うの?

MVNOは、どのキャリアから通信回線を借り受けているのかでau系格安SIMなのか、Docomo系格安SIMなのかが決まります。auの回線を借り受けていればau系格安SIMと呼ばれますし、docomoの回線を借り受けていればdocomo系格安SIMと呼ばれます。

 

しかしmineoは変わった特性を持っており、mineoは業界で唯一au・Docomoどちらの通信回線使用するか選ぶ事の出来るマルチキャリアです。

SIMロックフリーって何? SIMロックを解除しないでも格安SIMを使える?

大手キャリアで購入したスマホ端末にはキャリアの情報が組み込まれており、これを解除しないと別系統の回線を使用する事が出来ません。この事を「SIMロック」と言いますが、このSIMロックを解除する事や解除した端末を「SIMロックフリー」と呼びます。

 

SIMロックの解除された端末は基本的にはどの通信回線でも使用できますが、SIMロックの解除が義務化されたのはまだ最近ですので、このSIMロックを解除できない端末も多いです。

 

こういった場合に端末と格安SIMの通信回線を合わせる必要があります。auで購入使用していた端末ならau回線を使用している格安SIM、docomoで購入使用していた端末ならdocomo回線を使用している格安SIMを使わないと通信を行う事が出来ません。

 

mineoの場合はau回線とdocomo回線を使用する事が出来るので、auかdocomoの端末を使用している場合はSIMロックの解除などを行わなくてもmineoの格安SIMを使用する事が出来ます。

格安SIMが向いている人・向いていない人はどんな人?

格安SIMにはメリット・デメリットがあり全ての人におススメ出来るわけではありません。

 

まずは格安SIMが向かない人について説明しようと思います。

格安SIMが向かないのはこんな人

  • 仕事等で通話時間の長い人
  • 格安SIMは通話料金が高いため通話の機会の多い人には向いていません。もちろんLINEなどのアプリや、050で始まるIP電話サービス(mineoの場合はLaLa Call)を使えば料金をグッと減らすことが出来ますが、仕事の都合上通常の番号で電話をかける必要のある方もいます。そういった方には逆に割高になってしまう可能性があります。

     

  • 外で動画鑑賞やゲームをする機会の多い人
  • mineoでは10GBプランが開始されたので、通常のネット記事の閲覧程度でデータ容量が足りなくなる事はありませんが、高画質動画やゲームはデータ使用量が極端に高いです。一日に数時間高画質動画を見る方などにはデータ容量が足りません。

     

  • 端末をすぐ壊してしまう人
  • 格安SIMを使用する場合自身で端末を用意している場合が多いですが、この場合は端末にトラブルがあった時にMVNOから補償を受ける事が出来ません。ですので、mineoなどの格安SIMはある程度長く端末を使える人に向いています。端末の故障や不具合が心配な方は、格安SIMにMNP転入する際に端末もセットで購入すると補償がついている事が多いので、端末購入を検討してみて下さい。

     

  • 情報収集に時間を取られたくない人
  • 格安SIMにMNP転入した当初は、たまに分からない事に出くわします。ネットで調べるとすぐに解決できるのですが、この情報検索に手間をかけたくない人はあまり向いていません。

格安SIMが向いている人は?

格安SIMが向いている人の条件はとても簡単で、通信費の節約を考えていて先ほどの「格安SIMが向かない人」の条件に当てはまらない人です。

 

逆にスマホ通信費の節約を考えている方で、電話の使用時間があまり長くなく、データの使用量も少ない、もしくはWi-Fi等を上手く使っている方にとっては大手キャリアでのスマホ運用は損です。

 

格安SIMに乗り換えると通信費がグッと下がる可能性が高いので、MNP移行を検討しましょう。

 

↓公式サイトはこちらから↓

スマホの料金をグッとオトクにするmineo【キャンペーン実施中!】

 

auからmineoへのMNP TOPへ