au mineo MNP

音声通話SIMならIP電話ではなくプレフィックス方式の通話アプリがおススメ!

イノベーション

現在はまだほとんどのMVNOで無料通話などのサービスがありません。

 

そのため、格安SIMを使用している人は通話料を抑えるために色々と工夫が必要になります。

 

現状はLINEやskypeの無料通話、LaLaCall・050PlusなどのIP電話を活用して通話料金を節約している方が多いと思います。しかし、インターネット通話やIP電話にはデメリットも多くあまり使い勝手のいいものではありません。

 

そこで音声通話SIMを使用している方におススメなのが、プレフィックス方式の通話アプリです。

 

プレフィックス方式とは?

プレフィックスとは自動的に相手の電話番号の先頭に特定の番号を割り振る機能です。非通知設定の184などがプレフィックス番号として有名なものですね。

 

プレフィックス方式のアプリは楽天でんわやG-Callなどが有名ですが、プレフィックスアプリを提供している会社は大量の回線契約を結んでいるためボリュームディスカウントという形で値引きがなされます。そのため、通常よりも安くサービスを提供する事が出来ます。

 

プレフィックス方式の通話アプリを使用した場合、ネット回線を使用するIP電話と違い、繋がっている回線は電話回線ですので通常の音声通話と利用面での違いはほとんどありません。

IP電話特有のデメリットとは?

困った女性

IP電話は電話回線ではなくパケット通信も用いて通話する仕組みです。

 

そのため回線の混雑時に通話が不安定になる事があり、お世辞にも通話品質が高いとは言えません。

 

また、発信時にIP電話専用の番号が割り当てられるため電話番号が変わってしまい通話しようとする相手に気づいてもらえない事も良くあります。

 

私もmineoにMNPした当初はLaLaCallを良く使っていましたが、私の知り合いには知らない電話番号には出ないという方が多く段々めんどうになり通常通話を使うようになってしまいました・・

プレフィックス方式アプリのメリットとデメリットは?

タブレット 操作

プレフィックス方式のアプリのメリットは、通常の電話と変わらない通話品質の良さ相手にも自分の電話番号がきっちりと伝わる事です。また、緊急番号に関してはプレフィックス番号を除いた状態で発信されます。

 

IP電話に比べると通話中にプチプチ回線が切れてしまったりという事がないため、ストレスを感じずに通話する事が出来ます。

 

プレフィックス方式のデメリットとしては、IP電話と比べると固定電話への通話料が高くつく事です。ケータイ電話相手の場合は通話料金はIP電話とほどんどかわらないのですが、固定電話に関しては料金にかなりの違いがあります。もし、多少の手間がかかってもいいという場合はケータイにはプレフィックスアプリ・固定電話にはIP電話での通話という使い分けが節約には一番効果的です。

 

また、プレフィックス方式の場合、相手電話番号の先頭に新たな番号を割り振るのでキャリアの無料通話などが使えなくなってしまいます。

 

しかしこの問題に関しては、現在は無料通話の方には通常通話・同一キャリアの方は何時から何時まではアプリを使い、他の時間は通常通話など細かい設定を行う事が出来るようになっているので心配はいりません。

 

mineoユーザーにはほとんど関係ないと思いますが、大手キャリア等で無料通話を利用している方はこの設定を忘れないようにしましょう。

プレフィックス方式のアプリについてのまとめ

少し前までは格安SIMはIP電話を活用するというのが半ば常識だったのですが、使い勝手の面ではプレフィックス方式のアプリの方が断然上だと思います。

 

使用できるのは通話専用SIMに限るという面や、固定電話への通話料金はIP電話に劣るため使い分けが必要な場面もありますが、楽天でんわやG-Callは月額基本料金などは必要ないため気軽に試す事が出来ます。。

 

音声通話SIMをお使いの方は、音声品質の良いプレフィックス方式の通話アプリを使用するのがおススメです。

 

auからmineoへのMNP TOPへ