au mineo MNP

自動でデータ容量を節約するブラウザってあるの?

スマホ ブラウザ

格安SIMを利用するにあたって、通信データ容量の削減は大きなポイントです。少しでも安く格安SIMを利用するならどれだけ少ない通信量でネットをするかという事を工夫する必要があります。

 

Wi-Fiなどを利用してデータ容量の削減に取り組むのが一般的ですが、他にもまだまだ通信データを節約する方法があります。

 

それが通信データの圧縮です。

データ圧縮とは?

困っている 女性

データ圧縮とは、元になるデータの性質を損なうことなく別のデータに変換する事で、変換の際に元データよりもデータの量を少なくする技術です。

 

以前はメール等でファイルを送信する際に添付できる容量の問題から、データ(ファイル)に圧縮をかけてから添付するなどの使い方で割と一般的に使用されていましたが、これをブラウザで行ってくれるのがデータセーバー機能です。

Chromeにもすでに圧縮機能は搭載されていた!?

データセーバーはChromeの機能の一つで、Webにアクセスした際にGoogleがサーバー側で自動でデータを圧縮してくれる機能です。

 

使い方はとても簡単でChromeの設定画面からデータセーバーをONに設定するだけです。

Android 搭載端末の場合
1.Chrome アプリ Chrome logo を開きます。
2.Chrome メニュー > [設定] をタップします。
3.[詳細設定] で [データセーバー] をタップします。
4.スイッチを [ON] にスライドします。この設定はいつでもオフに切り替えることができます。
引用:Chromeヘルプ

このデータセーバーを使用する事によりかなりのデータ使用量を節約する事が出来ます。最新版のChromeなら最大50%程度のデータ使用量の節約が期待できるようです。

 

android機種をお使いの方はWebブラウザにChromeを使用している方も多いと思います。通信にかかるデータ容量を少しでも減らしたいという方は、データセーバーをONにして様子を見てみるといいですね。

 

Opera Miniなら更なる圧縮も!

Chromeの他にもデータ圧縮を行ってくれるブラウザはあります。それがOpera Miniです。

 

Operaは日本ではそれほど一般的なブラウザではありませんが、数々のアイデアにより根強いファンもいる優れたブラウザです。私もPC用ブラウザで右ボタン+左にドラッグで戻るボタンと同じ効果などの機能を使った時は感動したものです。
このOpera MiniはOperaのスマホバージョンとして提供されている物で、無料で使用する事が出来ます。

 

Opera Miniの凄い所は通常の通信に比べてデータ容量を最大90%削減する事が出来る事です。これだけの削減を行う事が出来れば言う事はありませんね。

 

しかし、なるべく少ないデータで通信を行うためにOpera Miniでは画像を大きく圧縮してしまう事があり、画像の表示がされなかったりすることがあります。ですので、通信データ容量を気にする場合はChromeとOpera Miniを上手く使い分けて通信を行うのが一番いい方法だと思います。

 

通信容量の削減を考えている方にはChromeのデータセーバー機能と、Opera Miniはかなりおススメ出来るブラウザです。

 

auからmineoへのMNP TOPへ