au mineo MNP

格安SIMを使うならWi-Fi環境は必要なの?

スマートフォン 操作

格安SIMを使用するとどうしても通信データ容量を節約するために色々と工夫する必要があります。

 

そのために手っ取り早いのがWi-Fiの利用です。

 

格安SIMにMNP移行する際はほとんどの方がWi-Fi環境を自宅や職場でお持ちだと思いますが、Wi-Fiって何?自宅は有線LANだけど?といった方の為にWi-Fiについての説明をしたいと思います。

ところでWi-Fiって何のこと?

通信状況 アイコン

Wi-Fiとは「ワイファイ」と呼ばれ、Wi-Fi対応機種を無線で接続する技術の事です。

 

自宅で使用する場合はもちろんインターネット回線が必要になります。その他にWi-Fiホームルーター(無線ルーター)も必要になります。

 

Wi-Fiルーターを自宅に導入する事により煩わしい配線から解放される事はもちろん大きな利点ですが、格安スマホをWi-Fi接続してインターネットにつないだ場合、格安SIMのデータ容量は消費されません。

 

また、通常はWi-Fiにつないだ方が通信速度も速いため、Wi-Fi環境が自宅にある場合はスマホをWi-Fi接続をするべきで通常の接続をする利点は特殊な場合を除きほとんどありません。

 

スマホは通常のネットサーフィン程度ではそれほどデータ容量を消費しませんが、動画の閲覧やアプリのダウンロードでかなりのデータ容量を消費する場合があります。

 

そのため、アプリのダウンロード等は自宅等のWi-Fi環境下でするのが一般的です。

Wi-Fiの5つの通信規格とは?

現在Wi-Fiには5つの一般的な通信規格があり、それぞれ通信速度に大きな違いがあります。

 

Wi-Fiの規格はIEEE 802.11というふうに表わされ、この後にバージョンを示すa/b/g/n/acというアルファベットをつけて表記します。Wi-fi対応製品には良く[IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠]といった表記がなされていますが、これはどのバージョンに適応しているかを表したものになります。

 

このバージョンの中で現在は11acという規格が最新のものになり、今までのバージョンとは段違いの速度が出るようになっています。これからWi-Fiルーターを購入する事があれば、必ず11acに対応している物を選ぶようにしましょう。

外出先では公衆Wi-Fiを使いこなそう!

通信状況 アイコン2

自宅はWi-Fi環境を整えたけど、外出先でのデータ使用量が多い!という方は公衆Wi-Fiを意識的に使ってみるといいと思います。

 

公衆Wi-Fiは空港や駅などの公共施設で用意されており、簡単な初期設定で誰でも使用する事ができます。中には一部有料のものもあります。

 

また、コンビニエンスストアやカフェなどでも公衆Wi-Fiは提供されている事が多く、こちらも簡単な初期設定で誰でも使用する事が出来ます。回数や使用時間の制限がある所が多いのですが、それでもかなりの時間Wi-Fi接続をする事が出来ます。

 

コンビニなどでも最近はラウンジスペースを設けている店舗も増えているので、比較的利用しやすいと思います。

 

この他に有名なところでは、スターバックスでもWi-Fiスポットを設けており時間・回数無制限でWi-Fi接続が可能です。電源の供給設備も完備されているのでとても便利だと思います。

 

格安SIMは何も考えずに使い続けるとすぐにデータ容量が限界突破してしまうので、是非Wi-Fi接続を意識しながら使用してみて下さい。かなりのデータ容量の節約になると思います。

 

auからmineoへのMNP TOPへ